• BI

人間の骨の数は成長するにつれ、変わる

体を支える基礎となる骨について。

人間の骨はいくつあるでしょうか?人間の成人の骨の数は約206個です。が、実は、この数には、個人差があります。


骨の数は成長につれて少なくなっていきます。

新生児の骨は約350個です。

大人になると少なくなるのは、成長の過程で骨と骨が融合するためです。

一般に男性は18歳頃、女性は15〜16歳頃までに、骨の融合が完了します。


骨は人間の体を支え、内臓を保護する役目をもっています。

身体は個人個人の身体の使い方に合わせて、適応していきます。骨の数にも個人差があるのはそのためです。





  • Facebook
  • Instagram
Copyright © 2020 Body Intelligence Inc. All rights reserved.