検索
  • BI

食べた後にお腹が出るのは〇〇が弱いから!- 背中編

お腹がポッコリと出てしまうのは、 お腹のインナーマッスルの弱さ、 呼吸筋(横隔膜:おうかくまく)の弱さ、 肩周りの筋肉の弱さによる不良姿勢、と3つ挙げてきましたが、お腹を引き締めるために重要な筋肉として、あとは「広背筋(こうはいきん)」と「大殿筋(だいでんきん)」が挙げられます。今回は「広背筋(こうはいきん)」をピックアップします。


「広背筋(こうはいきん)」は文字通り背中に広く覆うように付いており、背中を真っ直

ぐに保つのに役立ちます。


腕の付け根のあたりから腰にかけて付いており、広背筋(こうはいきん)が縮むと、まる

で服の裾を後ろから下方向に引っ張るように、背中は反らされるように伸びます。

デスクワークが続いて猫背の姿勢になっている場合は、広背筋(こうはいきん)は伸び

きって緩くなってしまっています。


そしてこの広背筋(こうはいきん)は、脇腹の筋肉である腹斜筋(ふくしゃきん)と協力

してお腹を薄く締めることにも役立ちます。

広背筋(こうはいきん)を鍛えるには、ボート漕ぎのように腕を後ろに引きながら背中を

伸ばす「ロウイング」や、懸垂のように頭上から胸に向かって引く「プルダウン」といっ

たエクササイズが有効です。



最新記事

すべて表示