検索
  • BI

食べた後にお腹が出るのは〇〇が弱いから!- お尻編

更新日:10月23日

ポッコリお腹を引き締めるために重要な筋肉として、大殿筋(だいでんきん)も挙げられ

ます。


大殿筋は、下から体幹を支え、良い姿勢づくりに役立ちます。


また、大殿筋は背中の筋肉である広背筋(こうはいきん)とも協力して、背中をピンと伸

ばす働きもあります。

右側の大殿筋は左の広背筋と、左の大殿筋は右の広背筋との関係が深く、ちょうどサスペ

ンダーのようにバッテンに交差して、身体を支えて真っ直ぐに保ちます。


体幹が真っ直ぐになり姿勢が良くなるとお腹もスッキリとしますし、また広背筋は腹斜筋

(ふくしゃきん)との関係も深いため、大殿筋を鍛えることで広背筋から腹斜筋へと筋肉

のテンションが高まり、お腹も引き締まりやすくなります。


大殿筋を鍛えるには、仰向けでお尻を持ち上げる『ヒップリフト』というエクササイズが

有効です。お尻を持ち上げたときに、胸を開き、お腹を薄く締める意識をしながら行うと

効果が高まります。片足で行うと強度が上がり、さらに有効となります。

 


最新記事

すべて表示