検索
  • BI

腕は呼吸とともに動かす

息を吸うと肋骨は拡がり、また背骨は伸展(しんてん)して真っ直ぐに伸びやすくなりま

す。

逆に、息を吐いたときは肋骨は狭まり、背骨は屈曲(くっきょく)して丸くなりやすくな

ります。


腕を上にあげたり、後ろに引いたりする時には、肋骨は拡がり背骨は伸展(しんてん)し

ていた方が効率が良いので、息を吸いながら行うと楽に行えます。


逆に、腕を下に下げたり、前に伸ばしたりする時には、肋骨は狭まり背骨は屈曲し(くっ

きょく)した方が効率が良いので、息を吐きながら行うと良いです。


深呼吸を行うときのように、呼吸を意識しながら腕を動かすことで、身体の構造に適した

腕の動かし方ができます。


呼吸を意識して四肢を動かすピラティスのようなエクササイズは、効率の良い運動を学習

するのにとても適しているのでとてもオススメです。





最新記事

すべて表示