検索
  • BI

目玉はお椀に浮かべよう -疲れ目を30秒でスッキリ

更新日:10月23日

Written by Yuki. M


長時間のデスクワークで疲れを感じるところの一つ、「目」。


パソコンの画面を見つめる時間が長いとピント調整をする「毛様体筋」という筋肉が収縮し、疲れにつながります。


一方、広い視野で遠くをぼんやりと眺める時には「毛様体筋」が緩みます。


デスクワークで疲れた目を癒すにはこの「毛様体筋」を緩めればよいのですが、在宅勤務をされている人も多い今、なかなか遠くをぼんやり眺めるわけにはいかない方も多いでしょう。


そこで試していただきたいのは体の構造を使ったイメージ戦法です。


頭蓋骨を思い浮かべてみてください。


目の部分はぽっかりと穴が開いていますね。


眼球、いわゆる目玉はその穴にはまっています。


仰向けになったり、上を向いたりして軽く目を閉じたら、その穴に目玉が浮かんでいる様子を想像してみましょう。


ちょうどお椀に目玉が浮かんでいるように… 目玉おやじがお風呂につかっているように…


穴の中で目玉がぷかぷか浮いている様子をイメージしてみます。


ゆっくり深呼吸しながら30秒、できれば1分ぐらいして目を開けます。


さていかがでしょう?すっきりしましたか?








最新記事

すべて表示