検索
  • BI

甲骨の寄せすぎにご注意!①


姿勢を良く見せようと、肩甲骨を寄せる意識をしていませんか?

肩甲骨を寄せることを意識しすぎると、肩がすくんで肩や首がこってしまったり、頭が前に出て猫背のように姿勢が悪くなってしまったりします。

ご自身や周りの方が肩甲骨を寄せすぎていないか、簡単にチェックができます。

【肩甲骨のアライメント(骨格)チェック】

〜内転・外転〜

●肩甲骨の内側のラインが、背骨から指4本分離れていると、良いアライメントとされています。

(長さでは6〜7cm程度)

指が3本くらいしか入らない場合は、肩甲骨は寄りすぎ(内転しすぎ)ているかもしれません。

自分で測ることが難しいのですが、トレーナーさんや友人、家族の方と一緒にチェックし合ってみると良いでしょう!



肩甲骨が寄りすぎている方におすすめのエクササイズが、「キャットストレッチ」です。

ーーーーーーーーー

【エクササイズ】

①背中をまっすぐにして四つ這いになります。

②息を吐きながら、背中全体を丸めます。

このとき、肩甲骨の間を"ハ"の字に広げるようなイメージをしましょう。

③息を吸いながら、背中を反らせます。このとき、肩甲骨は寄せる意識をしましょう。

②→③を10回ほど繰り返しましょう。

ーーーーーーーーー

肩甲骨の寄りすぎの要因の一つは、「菱形筋(りょうけいきん)の硬さ」ですが、この菱形筋を柔らかくするためにも、キャットストレッチは取り組みやすくてとても有効です。

肩甲骨の寄りすぎが原因の、首や肩のコリの改善や姿勢改善のために、ぜひまずはキャットストレッチを行ってみてください!







最新記事

すべて表示