検索
  • BI

体幹トレーニングの前に -意識すべき意外なポイント 脇の下シリーズ 2/4

更新日:10月23日

Written by Yuki. M


以前のコラムに「抱き上げられた子どもの体幹の使い方が理想的」と書きました。


小さい子どもを抱き上げる時、大人はまず脇の下に手を入れて体を支えますね。


この脇の下が体幹トレーニングに意外と重要です。


脇の下に手を入れて掴むのは肋骨です。


肋骨は上部に頭蓋骨、下部に骨盤があり、体を構成する大きい骨の真ん中に位置します。


その肋骨の中でも脇の下のあたりは一番しっかりした部分なので、まずこの位置が決まれば頭蓋骨、骨盤も位置を合わせやすく、ニュートラルポジションが決まりやすくなります。


立っている時は比較的意識しやすいかもしれません。


脇の下の意識で肋骨の位置を決め、その真上に頭蓋骨、真下に骨盤がくるようにしてみましょう。

プランク、四つんばい、横向きなど、体幹を鍛えるエクササイズの基本ポジションでも同じです。


肋骨の延長線上に頭蓋骨、骨盤をセットしましょう。


このポジションをキープするためには体幹を使い続ける必要があります。


四肢を動かしてエクササイズをする前に基本ポジションをキープできるでしょうか?


安全・効果的に体幹トレーニングをするためにもまずは脇の下を意識してみましょう。




最新記事

すべて表示