検索
  • BI

ヒップアップは足から!①

ヒップアップをさせたいときにお尻の筋肉を鍛えるのは有効な方法ですが、「足」への感覚を研ぎ澄まることも重要となります。なぜなら、足のアライメント(骨格)や足への体重の乗せ方によって、立位でお尻を使えるかどうかが決まってくるからです。


これは「運動連鎖」によるもので、立位で足裏の内側(土踏まず)に体重を乗せると、扁平足のように土踏まずのアーチが低くなり、上にあるスネやモモの骨は内向きに回り、内股になりやすくなります。

(必ずそうなるわけではなく、その傾向があるということです!)内股が強くなると、股関節は前に折れ曲がるように屈曲(くっきょく)、つまり骨盤が前傾します。






すると、腰が過剰に反ってしまい、腹筋に力が入らず、骨盤より後ろに足を送り出しにくくなります。


この状態は、お尻の筋肉は使いにくくなってしまいます。お尻を使える状態にするには、骨盤が前傾しすぎないように、まっすぐの状態を保つことが必要です。


そして、そのためには内股にならないように、足裏の内側ではなくやや外側、外のくるぶしのあたりから小趾球(しょうしきゅう:小ゆびの付け根)・母趾球(ぼしきゅう:親ゆびの付け根)の3点に体重を乗せて立つのが好ましいのです。




最新記事

すべて表示