検索
  • BI

ヒップアップは足から⑤


ヒップアップのために1番鍛えたい筋肉は大殿筋(だいでんきん)です。

大殿筋はその名の通りお尻にある1番大きな筋肉で、大殿筋がしっかり鍛えられていると、下から上にお尻を持ち上げるように作用します。


大殿筋を鍛えるのに良い方法は、

①股関節を深く屈曲(くっきょく:折り曲げた状態)する。つまり、深くしゃがむ。

②股関節を外旋(がいせん)・外転(がいてん)させる。つまり、膝を外に向けて脚を開く。

 そして、立位ではさらに、足裏の触覚によってもお尻の筋肉は使いやすくなるため、

③外くるぶしの下のあたりにある立方骨に体重を乗せる。


合わせると、股関節90度より深く曲げた「フルスクワット」が非常に有効といえます。

お相撲さんの四股のように深くしゃがみ、立ち上がることで大殿筋を強く働かせることができます。

(足首や膝、股関節など関節の可動域によって、しゃがむ深さは調整します)




また、片脚立位でも大殿筋は強く働くため、「ランジ」もおすすめです。

ランジを行う際も、深くしゃがむとより効果的です。


ここでも、外くるぶし、立方骨への荷重を意識すると、うまく大殿筋を働かせることができます。





ぜひ、チャレンジしてみてください!





最新記事

すべて表示