検索
  • BI

ストレスで筋⾁が少なくなる

⽣活する上で⾁体的、または精神的にストレスを受けることは必ずあると思います。


過剰なストレスを⾝体が感じると、⾝体はストレスに対抗する反応として、「⼼拍数を上げ

る」、「エネルギー源となる糖質を体内から作り出す」、といったことを⾏って備えようとします。

このとき⾝体にはコルチゾールというホルモンが分泌されており、そのひとつの働きとし

て「筋⾁を分解してたんぱく質からエネルギーを⽣み出す」という「糖新⽣(とうしんせい)」を⾏い、ストレスに対処しようとします。


慢性的に精神的なストレスを抱えていると、常にコルチゾールが多く分泌され、筋⾁は分解

されて徐々に筋⾁量が少なくなってしまう、ということが起こります。


このコルチゾールの分泌を抑えるためには、運動が有効であるとわかっています。

ピラティスや筋トレ、有酸素運動などの運動に取り組むことで、コルチゾールの分泌を抑え

て筋⾁が減らないようにすることができ、同時にストレスもすっきりと晴れるのです。





最新記事

すべて表示
  • Facebook
  • Instagram
Copyright © 2020 Body Intelligence Inc. All rights reserved.