検索
  • BI

コーヒーにご注意!!

カフェインは疲れ物質のフリをする!?



コーヒーを飲むと仕事に集中できたり、ホッと一息つけたりしますので、ついついコーヒーを飲み過ぎてしまう方もいらっしゃるでしょう。


コーヒーを飲み過ぎたり、寝る前に飲んだりすることで、疲れが溜まってしまったり、寝つきが悪くなってしまったりする可能性があります。


コーヒーに含まれるカフェインには、覚醒作用(目が醒める)、集中力の向上などの効果がありますが、これには体内で作られる「アデノシン」という物質が関係しています。


アデノシンは、脳や体内でエネルギーが使われた結果生じ、副産物として体内に蓄積します。

アデノシンはアデノシン受容体という物質にくっつきます。


それを脳が一定量感知すると、体が疲れを感じたり、眠気を感じたりします。


カフェインは、アデノシンに構造が似ており、アデノシン受容体とくっつくことができるといわれています。


カフェインとアデノシン受容体がくっつくと、アデノシンは受容体にくっつくことできなくなるため、眠気を感じなくなり目が覚めるのです。


しかし、実際にはアデノシンはどんどん溜まっていますので、後々アデノシンによってとと疲れを感じたり、急激に眠気がきたりと、身体に負担をかけることになります。


また、覚醒作用がありますので夜にコーヒーを飲むと、寝つきが悪くなり睡眠が浅くなります。


コーヒーを飲んで目が覚めるのは、あくまで一時的なものであり、カフェインの摂りすぎは体には負担がかかることを理解して、コーヒーの飲み過ぎに気をつけましょう!


そして、睡眠の質を低下させないように、コーヒーを飲むのは夕方までにして、嗜好品として楽しむようにしましょう!




最新記事

すべて表示