検索
  • BI

あなたのアキレス腱はどのタイプ?

更新日:10月23日

ご自身のアキレス腱を後ろから見たことがありますか?

もしかしたら、アキレス腱の形が曲がっていることで、O 脚や X 脚や反り腰など不良姿勢の原因となっているかもしれません。


足は地面と接している唯一の部分です。

ヒトは二足歩行になったために、小さな2つの足の面で全身を支えることになりました。 2本の足で身体を支えるのはそもそも不安定なため、足への体重の乗せ方によって、その上 の膝や股関節、背骨はバランスをとろうとします。


例えば、アキレス腱が"く"の字に内側に曲がっているタイプ(回内足(かいないそく))。 踵が内側に倒れることで体重も内側に乗り、土踏まずがつぶれて扁平足になったり、 内股になったりすることで O 脚や反り腰の原因にもなります。


アキレス腱をまっすぐ立足せるには、踵、小趾球、母趾球の三点に体重を乗せることが重要です。



最新記事

すべて表示